読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実年齢が言えない

突然なんだけどぼくは外見が実年齢よりずっと若くみえる。

人にもそう言われるし、自分でもそう思う。

ぼくの実年齢を当てた人は過去に数えられるくらいしかいなくて、それは年を追うごとに減っていっている。

 

それで、ここ2〜3年、齢をきかれてもあまり正直に答えないようになった。

おもいっきり若く答えたり、反対にありえないような上の年齢を答えたりしている。

 

それは、自分のことはあまり話したくないとか、相手の反応を見るのが楽しいとか、謎めいた人のように思せておきたい、みたいなところもあるのだけれど。

 

それ以外に、今の自分が年齢に見合うだけの中身や経験を備えていないように思えて、実年齢を答えるのが気恥ずかしい、という気分が少なからず存在する。

 

あと1〜2年くらいの間には胸を張って自分の年齢を言えるようになりたいなー。

と、思うけど、多分1年後も年齢は言わずに周囲の反応を楽しんでいるような気がする。