我慢を続けているあなたへ

これはもう、いろんな人がいろんなところで散々言っていることだと思うのだけれど、

 

それでも、もしひとりでもだれかの気付きになるのであれば、

 

という思いで、以下したためております。

 

※今、なにひとつ我慢なんかしていないよ、

 という人にとってはただの駄文なので、もうブラウザは閉じてください。

 

 

もし、もうずっと我慢を続けているあなた、

 

一旦、休みましょう。

 

あたたかいお湯をはった湯船につかりましょう。

 

散歩をしたり、好きな映画をみたり、音楽を聴くのもいいですね。

 

大きく息を吸ってゆっくりはきましょう。

 

気分転換をしてすっきりできたら、ちょっと立ち止まって考えてみましょう。

 


「今の場所、環境で◯年我慢して働けばやめられる」
というのは、幻想です。

 

「我慢しなければお金は貯められない」というのはあなたの思い込みです。

「我慢しなければいけない」体験をすることを望んで選択しているのです。

 

「いや、望んでなんかいないよ」

「いやいや、もうこれしか方法はないんだよ」

と、あなたは思うかもしれませんが、

無意識化で「そういう体験をしたい」と望んだ結果が、今のあなたの状況です。

 

今の場所・環境で、我慢を続けなければ達成できない目標で、

あなたが、もう決死の覚悟をもってあたっているのであれば、

もしくは、嫌なことを我慢するのが好きなのであれば、

それは、続けてください。

 

ただ、どうしてもいやなことを無理に我慢する必要はありません。

 

 我慢を続けると精神が摩滅します。

 

直感を失います。

 

自分はなにが好きだったのか、忘れてしまいます。

 

嫌なことはもう手放しましょう。


「いやなことを我慢せず生きるにはどうすればいいか?」

「やりたいことをしながら豊かになる方法はないか?」

自身に尋ねてみてください。

 

自分の中ですぐに答えがでてこなければ、

答えをもっていそうな人はいないか、探してみてください。

 

6人の知り合いを介せば世界中の人と知り合えるといいます。
(最近では4人を介せば出会える、という説もあります。)

身近に答えをもっていそうな人が思い浮かばなくても、
イメージに近い人はいないでしょうか。

 

今の時代、本当に便利で、インターネットを介せば、

会いたい人にすぐにコンタクトをとれます。

 

今、ここを読んでくれている人であれば、

なにかしらインターネットは使える環境にあるはずなので、

答えをもっていそうな人が見つかったのなら、会いにいきましょう。

 

「忙しそうな人だし…」 

「おれなんかが行っても」

「私が会えるわけ…」

 

そんな考えがもし浮かぶようであれば、

他に答えをもっていそうで、

自分に会ってくれそうな人を探してみてもいいかもしれません。

 

もし会いたい人に物理的に会うことができないのであれば、

その人となにか別の方法で触れ合えないか、探してみてください。

動画でも、声でも、本でも、なんでもよいとおもいます。

 

あなたの理想を実現する手立ては、必ずどこかかあるはずです。

 


もし、もう我慢の限界にきているのであれば、

 

別の選択肢があることを、ぜひ思い出してください。