おじさんもミッキー◯ウスのTシャツを着てもよいか

いや、別に好きな服着ればいいじゃねぇか、

って話なのだけど、

今夏見た、ミッキー◯ウスのTシャツを着た40ちょいの上司の姿は、

やはりちょっと滑稽であった。

 

「〜べき」調の議論は好きでないけれど、

ファッションにおける美学でよく語られる法則なりルールというのは、

我々の想像を遥かに超える歳月に裏打ちされたものなのだなぁ、と。

 

いや、好きな服着たらいいじゃん、って話なのだけどね。

 

ぼくはおっさんになってもおじいちゃんになっても、

目立たないけど

パリッとした美しさをもっていたいと思ったりする。

 

ただあれこれ考えるのも面倒だなぁ、とも思うし、

それらを両立できる格好を考えると、

和服に落ち着きそうである。

 

寄席にいくか、

それとも生前の大沢親分の所作でも見てみるか。