世界的ニュースのあった日

朝、目が覚めると、あまりの寒さになかなか寝床から出られず、

普段なら職場へ出るギリギリの時間まで

ぼくは布団のなかでごろごろしていた。

いかんなぁと思いながらようやく布団から抜け出すと足がふらつく。
体制を立て直したところで熱がまだひいていないことに気づいた。
体温を計ったところ39℃を超えている。
(このとき前日から体調を崩していた。)

 

iPhoneからslackの会社のチャンネルへ、休むことを詫びる書き込みをする。
口をゆすいだあとに一口水をのみ、また布団の中に戻る。

掛け布団の中から右手を伸ばしカーテンを引っ張る。
外は陽が差して明るかった。
カーテンを戻したらこのまま起きれない気がして、そのままにしておく。
だるさはとれず目を閉じる。

 

また目を開けると時計の針は12時10分を指していた。
外はどうも風が強いみたいだ。
twitterでニュースをみたところ、当直予報士が木枯らし1号を宣言していた。

 

なにか食事をとりたいと思うが、

あいにく家には水とトロピカーナ(アップル)以外に食物らしい食物もない。

しかたなくコートを着込み、ヨロヨロと外に出る。

 

風が強い。
11月の初めだというのに、強風もあいまって外気はだいぶ冷たい。
空は目が痛くなるような青さだった。
道ですれ違ったおばさんが怪訝な顔でこちらを見ている。
自分でおもっているよりもだいぶ足元がふらついているみたいだ。

 

ファミリーマートでレトルトのおかゆと水とレモンを買う。
のどがいたいのでのど飴も買った。
家に帰ってカセットコンロでお湯をわかし、おかゆを突っ込む。
相変わらず身体はだるいままだ。

 

おかゆがあたたまるまでの間、そばの丸いすに腰掛けて何気なくtwitterを眺める。
この日は2016年11月9日、アメリカ大統領選挙の投開票日だった。
ニュースでは州ごとの勝敗と、勝利によって双方が得た選挙人の数が速報されている。

 

直前のイギリスのブックメーカーでも軒並みヒラリーのほうがオッズが低かったので、
なんだかんだいいながらヒラリーが当選するのだろう、
そう思いながらぼくはおかゆにすりおろした生姜を投下し、かきこむ。

 

夕方を過ぎ、日が落ちてもだるさは抜けず、ぼくは布団に横たわっていた。
ネットを眺めると「ヒラリーがトランプに敗北を認める電話をかけた」という

フレーズが目に入ってくる。

 

どうやらトランプの勝利は確実らしい。
マジかよ。
フィードを追う。どうも本当らしい。
マイケル・ムーアの分析の精緻さに驚くばかりだ。

 

夜、リリースされたばかりのÓlafur Arnaldsの新譜を部屋でかけた。
ヴィオラの音色はどこまでも美しかったが、
この日はどうもレクイエムに聴こえてしかたがなかった。