読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日曜日の昼下り、あるカップルの会話

 

「明日、仕事サボって温泉行かない?って誘ったら、くる?」

 

「えぇー、わたしが休んだら仕事たまっちゃうし、無理だよ。まわりも迷惑だろうし。」

 

「そこが君のいいところだよね。美徳っていうのかな。」

 

「そうかなー? 迷惑かけるのが嫌なだけなのかも。美徳っていうか…義務?」

 

「しかしその美徳を続ける先に幸せはあるのかね?」

 

「義務感でやってたら幸せは感じないだろうねぇ」
「『ありがとう』って声かけてもらったそのとき、充実感感じるけど。」
「統計でもでてるみたいだけど、人が一番幸せを感じられるときって『誰かに必要とされている』ってことを感じられる瞬間っていうよね。」

 

「つまり、明日仕事をサボって温泉にいくことは、君にとっての幸せにはつながらない、と。」

 

「うーん…。少なくともわたしは他の友だちが働いているときに、

 仕事サボって温泉に入っても、心から『あぁ〜幸せ』とは感じられない、ような気がするなぁ」
「前々からちゃんと休みをとってれば、心からのびのびと温泉を楽しめるとおもう。」

 

「ふーん、健全だねぇ。いいねぇ。」

「ねぇ、でも、平日の昼から風呂に入るってのは本当に最高だよ。
ほとんど人がいないし、お湯はきれいだし、陽がさしていればキラキラ明るいし。」

「一度覚えたら忘れられないし、またもう一度行きたくなる。」

「明日行こうと思っているその温泉は、

 そばに小川が流れていて、すぐ近くに蕎麦屋もあるんだ。」
「風呂あがりに冷奴と板蕎麦で飲む冷酒がまた美味しいんだよね。」
「今の陽気なら、きっとせせらぎを抜ける風も気持ちいい。」
「風になびく君の髪もきれいだろうな。」
「このまえ写メで見せてくれた、浅葱色のワンピースあったじゃない。あの丸襟のおしゃんなやつ。
 あれ着ていったらいいと思うよ。きっと素敵だと思う。君の写真を撮るよ。」

 

「…」

 

「どう、行きたくなってきた?」

 

「…ちょっと。」

 

「えっ?なに?」

 

「………ちょっと、行きたくなってきた。」

 

「でしょ!? でしょでしょ!?」

 

「人に必要とされることも大事だけど、今しかできないことをやりたいよね!」
「今しかできないことをやろうよ。」

「君の24歳の5月、っていうこの瞬間はもう戻ってこないんだよ。」
「仕事はいつでもできるじゃない。迷惑、なんて思われるのも結局一瞬だけだし。」
「その時感じた幸せが、これからの人生を豊かにしていくんだよ。」
「『やらなきゃ』とか『いかなきゃ』って感情は君の人生をちっとも豊かにしやしない。お金の話じゃあないよ。」
「楽しみは先延ばしにせず前倒ししちゃおう。」
「楽しいから幸せなんじゃなくて、幸せだから楽しいんだ。」

 

「そっかー、そうだよねぇ、そうだよね。」

 

 

 

「ひぃー それにしてもだいぶ汗かいたなぁ。…そろそろ出ない?」

 

「うん。」

 

---------------

以上のやりとりは、つい先ほどまでいた新宿の某サウナ内で交わされた会話である。

 

私は終始うつむいていたため、後ろ姿しかみていないが、

二人で会話していたのは間違いない。

一人で腹話術の練習をしていたのではない…と思う。

 

無論、本場のフィンランドにあるような男女混浴のサウナではない。

れっきとした男湯の中に併設されている専用サウナである。

 

自分を「わたし」と称していたほうは、ワンピースを着るのだろうか。

 

創造力が、試されている。