読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボランティアに喜んで参加する人をどう思うか

不意に昨日友達にこうきかれた。

 

「ボランティアするやつって、どう思う?」

 
そんなん自分の時間なんだから好きに使えばいいじゃない、

その場ではそう思ったのだけど、
それだと話が終わってしまうので、ちょっと考えたことを

書き出しておこうとおもって今これを書いている。

 

多分、友人の質問の意図としては、自分が自由にできる時間を
(時間が有り余っているわけでもないのに)
報酬ももらえない労働に充てるのか、理解ができない。みたいなノリだったと思う。

先に断っておくと、ぼくはこれまでにボランティア活動というものに

参加したことはほとんど無い。

子どものころの町内会の草刈りとか、そんなレベルである。
ボランティア自体にそんな深い見識もない。

 

ボランティアそれ自体が目的ではなく、

参加することで誰かの役に立つことに喜びを見出していたり、

なにか知識や学びを得る目的でやるならいいのではないかとぼくは思っている。
あと、それに参加することで、

普段の日常生活では得られない充足感をめっちゃ感じられるとか。

 

フェスとか営利イベントにボランティアで参加するのは、
なんだかフェス好き人間の好意につけこんでるというか、

やりがい搾取てきなかんじがしてあまり好きじゃないなー。

と思うが、それはまた別の話。

 

ただ、だれかの役に立つ、貢献するのはいいことだうけれど、
「役に立ってる自分は価値がある」みたいな

感覚があるのであれば注意したほうがいいんじゃないだろうか。

 

もしそんな考え方をしていると、
ボランティアなり仕事なり、自分が役立っていると思うことができなくなると
「自分は生きる価値が無い」という思考になる。

 

人はただ生まれてきただけで、ただ在るだけで、生きているだけで価値があるんだ。

 

これはボランティアに関わらず仕事でもなんでも言えると思うけれど、

それを始めた動機や、どういうエネルギーでもって続けるかで、

同じことをしていてもその人ごとに得られる結果なり現実は変わってくると思う。

そのあたりはまた時間があるときに書き出してみたい。