友人のこと

高校を卒業後、18〜9の時分によく遊んだ友人がいる。

 

彼は眉目秀麗といって差し支えない、少女マンガから抜け出てきたような

色白で端正な目鼻立ちをした美貌の持ち主だった。

 

兄弟は上に姉ばかり3人いるという女系家族の末っ子で、

話し方がおっとりしていてかわいい。

性格が純朴だったので、周囲からはいじられキャラとして愛されていたように思う。

 

彼とは同じ学校で、クラスは別だったので在学中はあまり接点がなかったのだが、

社会人になってからたまたま夜学で同じクラスになり、

以降よく話したり遊ぶようになった。

彼はぼくにくるりスーパーカーを教えてくれた。
エリオット・スミスを教えてくれたのも彼だった。

 

一緒に居酒屋や近所のバーで酒をのんだ帰路、
エリオット・スミスのMiss Miseryを口ずさみながら

線路沿いの細い坂道を二人で歩いてぼくの家まで帰り、

色々他愛のないことを話しながらそのまま寝入ってしまったりしたこともあった。

 

常磐道を車でひた走り、仙台まで一緒にハナレグミ(だったと思う)の

ライブを見にいった思い出もある。

彼は「会社のオヤジたちは車と野球とパチンコのことばかり話している。」
「まわりに好きな音楽を話せる仲間がいなくてつまらない。」

「好きな音楽のことを話せる友だちは本当ににーのくんくらいしかいないんだ。」

そんなことを時々ぼやいた。


それはぼくの職場も同じだった。
(営業所が違うものの、同じ企業でぼくらは働いていた)

多分、彼もぼくと同じような環境で鬱々と過ごしていたのだろう。

職場は閉塞感しかなかった。

 

ちなみにぼくはその後湯治働いていた会社を4年勤めて辞めるのだけど、

ジョゼと虎と魚たちのサウンドトラックアルバムを

美貌の彼に借りたまま引越してしまったので、
会社をやめてずいぶん後になってから「返しに行くよ」と彼に連絡したことがある。

 

その時、彼からは「いいよいいよ、あげるよ。」とメールが返ってきて、
以降そのまま会うこともなく今に至っている。

 

連絡もぜんぜんとっていないけれど、彼はどうしているだろう。
結婚してるかな。元気だろうか。

 


Elliott Smith Miss MIsery