読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20140831

昨日の日記をかく。

意識があるうちに書いておく。

今は森の図書室で二杯目のフレンチコネクションを飲んでいる。

メニューに載っていなかったが、

飲みたかったので頼んで作ってもらった。

 

 


昨日実家に帰った。
6月に梅の収穫を手伝いにいった時ぶりだ。


本当は始発で実家の最寄り駅まで向かって、

駅から家まで歩いて行こうかと前夜に考えていて、始発の時間まで調べていたが、
前日寝たのが2:30くらいで、起きたら9時すぎだった。
Tシャツとシャツだけ洗濯して
母がメールをくれていたのでこれから帰ることを電話して話した。

シャワーを浴びて洗濯物を干して

(外は曇っていた。雲行きが怪しかったので部屋に干した。)

10時過ぎくらいに恵比寿から日比谷線を乗り継いでいった。
実家の最寄り駅には12:21についた。

 

家についておかんは塩麹やきうどんを作ってくれた。
あとふかしたとうもろこしも半分くれた。
さんまも食べた。表面に塩麹をぬって焼いたらしく、そのままでも美味しかった。
中は味がついてないので醤油をかけて食べた。

うまかった。


その後家の裏でとれたブルーベリーを

フルーツヨーグルトの中にぶちこんで食べたりした。
ロイズの抹茶アイスクリームもあってそれも食べた。
うまい。

 

その後4万円でかったHPのPCをおかん用にセッティングしてやった。
パルシステムをすぐ見れるようにと、
おかんは短歌の集まりに参加していて、そのとりまとめをまた来月からするのだ、
というので、選歌に必要なテンプレートを

OpenOfficeをダウンロードして作ってやった。
プリントができなかったが、どうやらインク切れらしい。

 

いつの間にか家には45型のでかいTVが居間にあった。
おかんは「もう慣れた」と話していた。

テレビではコロプラのCMがさかんに流れていた。
楽天もセールのCMを打っていた。

 

IT企業のCMはいまこんなに流れているのか、と不思議な面持ちで眺めていた。
おやじは日曜はいつもサンデーモーニングをみて、サンデープロジェクトを見て、
その後サンデージャポンをみて、
新婚さんいらっしゃいをみたあとになんでも鑑定団をみて、
噂の東京マガジンを観て、というローテーションでTVを見ていた。

 

日テレでは24時間テレビがやっていて、ずっとそれが流れていた。
次から次へと難病の人間やいわゆるチャレンジャーがテレビ画面に写った。

24時間テレビとはこういうものだろう、と特に感慨もなく眺めていた。
どこの企業もみんなの時間を奪おうと必死だなぁ、とそんなことを考えていた。

 

そういえばiPadを家に持ってきておいて行った。
iMacについてきたワイヤレスキーボードと

DELFONICSで買ったワイヤーのスタンドと

エネループと充電器も一緒にあげた。

自分としては断捨離したような気持ちだった。
弟はiPadに興味津津だった。

 

ずいぶん昔にネットであつめたエロ画像が写真アプリにいっぱい詰まっていたが、
iMacから同期したやつなのでどうにもできず、

しょうがないので一番後ろの方にフォルダを作って

写真アプリをこっそりいれておいた。


(このiPadは発売当初に買った初代で、iOSも5.0からアップデートしていない。)
とりあえず同期しているアップルアカウントとか

twitterアカウントは全部削除した。
あと、Goodreaderにも数多の漫画やエロ漫画が

詰まっていたのでDropBoxにうつしておこうと思ったのだが、
OSをアップデートしていないからか、ファイルの同期ができない。


別になくてもどうということもないし、しょうがないのでそのままにしておいた。

テレビではナポレオンズがバカに背の高い女優?を相手に

首が一回転する例の手品をやっていた。
数年ぶりにブラウン管ごしにみたボナ植木はこころなしか老けて見えた。

 

その後大喜利もみた。
木久扇師匠の席は空席だった。
円楽さんはどうしても楽さんにしか見えない。
昭和(の最後だけど)に生まれた人間からすれば

圓楽といえば馬面のあの人しか思い浮かばない。


こん平師匠もみた。
何年ぶりだろう。頭はすっかり禿げ上がっていてすっかり頬もこけていた。
びっくりした。言葉も上手に発せないらしい。

右半身は糖尿病の影響で麻痺しているのだという。

その後テレビをみていたら夕食どきになった。
昼にたらふく食べたのでそれほど腹は空いてなかったけれど、

せっかく用意してもらったし、

家の飯なんてもはや年に何回も食べられるものでもないので、

ありがたくいただいておく。


献立はささみのフライ、キャベツの千切り&プチトマトと、玉子焼き、
湯葉になんかさっぱりした出汁のようなやつとすりおろしたやつを和えたもの
厚揚げ&油揚げの味噌汁と白米だった。

 

どれも涙がでるくらいうまかった。
前日は昼に玄米おにぎりをふたつと、

夜に神戸屋で買ったバタールを丸丸一本そのままかじっただけだったので、
余計にうまく感じた。

 

晩御飯を食べて少しした後、20:37に家を出発。
弟の車で送ってもらう。


社内にもカーナビ?ワンセグTVがあった。
ちょうど城島リーダーが武道館へ入ろうかというところだった。

リーダーは43歳なのだという。
ジャニーズはよくわからないけれど、TOKIOのメンバーはみんな好きだ。
主にダッシュ村とかコンサートの映像くらいでしか彼らのことは知らないのだけれど。

 

21:11発の電車に乗って恵比寿へ帰る。
車内は閑散としていた。


ぼくは電車に乗るとき、必ず少しでも可愛い子が待っているところを探すのだけれど、
あいにくこの日のホームには女の子は見当たらなかった。
65DaysofstaticsのPrismsをヘッドホンで聴きながら

ドアのボタンを押して車両に乗り込んだ。
(ボタンを押さないとドアが開かなかった。)

彼ら特有の轟音がぼくの頭のなかでくっきりとした明確な音像を結んだが、

最後まで聴かずに同じアルバムに入っているTaipeiへ曲を変えた。

 

日比谷線では崩れ落ちるようにシートで眠りこけている三十路女の前の席で

FKA twigsとかFKA twigsに帰るまえのtwigs名義の曲を聴きながら帰った。

 

東京は雨の予報だったけれど、

地下から出てきたら雨は降っていなくて、ぼくは思わずホッとした。