読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先週の日記

中国は広州ではたらく元同僚が先週一時帰国してて、食事に誘ってくれたのでノコノコ渋谷まで出て行った。

 

お店を選んでいいか尋ねられたので、いいよといったらポムの樹ラケルに行きたいと言われたのだけど、どちらも知らないお店だったのでその場でググってみたら、「オムレツ」「オムライス」という言葉が画面に出てきた。どうやらオムライスが食べたいらしい。ポムの樹はお店がお台場とか書いてあって、お台場まで行くのだるいなぁと思って「じゃーラケルで!」と返答。あとで知ったんだけどポムの樹って渋谷にもあるのね。

 

オフィスを六時過ぎに出て渋谷へ歩いて向かった。その子はすでに店先に到着していて、お店の入り口をカメラで撮影していた。真新しいカメラで、来日にあわせて楽天で買ったらしい。

 

久しぶりに会ったその子は、髪をロングのまま長く伸ばしていて以前より大人っぽい雰囲気になっていた。髪型ひとつで人の印象ぜんぜん変わるね。

 

ラケルでその子は一番シンプルなオムライスのプレートを、ぼくはハンバーグがのったやつを頼んだ。あとブリュレとパフェみたいなのも頼んだ。デミグラスハンバーグうめぇ。

 

お店では、その子が一人暮らしからドミトリーに移ったことや、ドミトリーは賑やかで家に帰ってきてもだれか話せるのはいいよねとか、中国語検定にあわせて帰国してきたこと、今働いているところをやめたらセブ島に一ヶ月語学留学をしようと思っている、みたいなことを話した。ぼくは高城剛の本やメルマガで仕入れたセブ島の語学学校の事情をさも見てきたかのような口ぶりで話した。

 

広州にはいつまでいるつもりなのか、という話題に移ると、今年で日本に帰るつもりなのだ、とその子は言った。その子は某航空会社の契約社員として働いていて、一年ごとに契約更新をするらしい。

 

で、話をきくと、はじめはすこし話すのをためらっていたのだけど、なにやら野望があるらしく、促すとカフェと語学教室を併設したスペースをつくりたい、という話を始めた。そのために、帰国したらまずはカフェの経営ってどうなってるのかを知るため、カフェで働こうと考えている、と話していた。

 

その子のイメージでは1階をカフェに、2階を教室スペースにするイメージだそうな。人に話すと笑われそうなので、あまり話していない、と言っていたのだけど、ぼくは夢はなるべくいろんな人に話したほうがいい。そのほうがみんな助けてくれたりして実現が早くなるから。ということを話した。

 

なにかイメージの参考になれば、と思って最近道玄坂にできた森の図書室の話をその子にしたら、Facebookですでに知っていて興味をもっていたらしく、食事のあとに一緒に行くことになった。

 

その日は日曜だったけれど、図書室は女性のお客さんが2〜3人いるだけで、空いていた。今の期間はキャンプファイアでパトロンになった人しか入れないらしい。

 我々は室内をいろいろ見て回ったあと、窓際のソファみたいなところで座って本を読んだ。その子は興奮した様子で「けっこう本があるんですねぇ」とか話しながら室内のほうぼうをちょこまかと撮影していた。

 他に客はいなく、そのうちスタッフもカウンター前にある席でなにか話し始めていた。図書室には10時くらいまでいた。

 

 その後マークシティの地下にある本屋で本を見ていった。その子は「このくらいのサイズがちょうどいいんですよね」と話、小さな中和辞書を買っていった。店をでて半蔵門線の改札までその子を見送った。

 

ぼくは歩いて代官山蔦屋によって本を数冊眺めたあと、そこからまた歩いて自分の部屋まで帰った。家についたのは1時過ぎだったように思う。

 

その子はぼくより5つも年下なのに、夢をもって将来を見据えていることに少なからず刺激というか衝撃を受けた。

なにか応援したいけれど、いまのところこれといっていい案は思い浮かんでいない。