読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢の話

階段をどんどん降りる。

 

下はなんか人が詰まっていて混雑しているので、

 

踊り場のところに係員の人がいてテープの柵を閉じたり開いたりして人数調整している。

 

ようやく下につくとなんか色々おみやげを配っている。

 

キティちゃんのなにかよくわからない布製品とかTシャツとか。

 

ぼくはなぜか淡いピンクのマキシスカートをチョイスした。

 

お土産を配っているおばちゃんもなんの疑問も持たずにスカートをたたんで渡してくれた。

 

「あなた若いわね。肌がピチピチしている。」とか言ってる。

 

ぼくはなにごとか言いかけたけど結局何も話さなかった。

 

 

外人7~8人に囲まれるようにしてエレベーターに乗っているシーンもあった。

 

そこらへんは断片しかわからない。

 

 

いつも思うけれど夢の中では音や匂い、温度を感じないなー