読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Teebs展に行ってきた。

昨日、Teebs展に行ってきた。

 

前日の夜更けにネットで知って、

 

開催場所がLIQUIDROOMの二階とあったので、

 

昼に仕事をほうって行ってきた。

 

行く前にRectohallでnuanceというブランドの薄手のパーカーを買ってたら遅刻した。

 

パーカーは28,000円もした。

 

薄手のパーカーに28,000円なんて馬鹿げてるのではないか。

 

そう感じる人もいるかもしれない。

 

自分もそう思わないでもない。

 

パーカーには満足している。

 

まぁそれはいい。

 

とにかく始まる前に買い物をしていたので

 

トークショーが始まる時間を少し過ぎた。

 

外は肌寒い。買ったばかりのパーカーをシャツの上に羽織る。

 

到着したらすでに観客はパイプ椅子に座りTeebsの登場を待っているところだった。

 

TimeOut Cafe側の入り口から入ったらすぐ手前の席で

 

Teebsが連れとなにか話していた。

 

顔ちっさ!

 

Teebs顔ちっっっさ!!

 

インタビュアーはなんか知らないおっさんカメラマンだったが、

 

インタビューの内容は

 

「幼少はどんな性格だったか」

 

「アートはどんなプロセスを経て作られるのか」

 

「ルーツはなんだったか」

 

「コラージュや曲を作りはじめたきっかけは」

 

など、ふつうの質問ばかりで若干退屈だった。

 

ぼくは四方の壁に並べて貼られた

 

レコードのジャケットをコラージュして作られたという作品を眺めていた。

 

花をモチーフにした作品が多い。

 

インタビューでも話していたけど、

 

「花」「四本の線」「◯△」は今回の作品群のひとつのキーのようだ。

 

前回の作品群は25枚一セット単位で200枚のコラージュを制作?したらしい。

 

今回の作品もおなじように区切りをつけながら作りたいと考えて、

 

50枚一セットで400枚作品を制作したと話していた。

 

Teebsの話していたことではっきり覚えていたのは

 

 

おにぎりが好きだ、という話をしていたことだ